読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

呼吸器フィジカルアセスメント研修を振り返ります!

南大阪病院看護部新人看護師を対象とした

『呼吸器フィジカルアセスメント研修』

毎年5月中旬に開催してます!

 

本年度は内視鏡室のI主任循環器内科病棟H主任が企画運営担当!

f:id:minamiedu2016:20170526151553p:plain

今回も3段階で準備しました (^O^)!

第一段階:I主任さんとH主任さんが呼吸器診察の流れを実践(30分)

 

第二段階:実地指導者(3-5年目看護師)に対する呼吸器診察復習(1時間)

 

第三段階:新人看護師に対する呼吸器診察実習(2時間)

(以下メイン担当の I 主任から振り返りです)

 

フィジカルアセスメント呼吸編研修が終わりました。

昨年度はサブ担当!

今年度はメイン担当をおおせつかりました (・_・;) 

f:id:minamiedu2016:20170525133918p:plain

 昨年同様、まずS先生に指導していただきました!

普段あまり実践することの少ない手技もきちんと見本が示せるようにならねば! 

指導する側もプレッシャーを感じます(~_~;)

 

苦手だった打診もなんどか研修にかかわっているおかげで、

スムースに手首をつかえましたヽ(´▽`)/

S先生から『身についてますよ!』とOKがでました!

 

本番の1週間前

実地指導者を対象に事前研修

f:id:minamiedu2016:20170526152256j:plain

指導側の準備も整いました (。◠‿◠。) 

 

いよいよ本番の日がやってきました(°□°;) 

 呼吸器診察についてのプレテスト・アンケ-トから開始

f:id:minamiedu2016:20170525134250j:plain

プレテストはみんなほぼ正解 いい成績!

「右肺を横から見た絵を描いてください(肺の分葉はどうなってる?)」

の問題はユニークな回答が続出!

(みんなの描いた絵には、おもしろい肺の絵がたくさんありました)

 

呼吸器についての体表解剖をペアで確認

f:id:minamiedu2016:20170525134131p:plain

実地指導者もちょっと緊張しながらしっかりと後輩を導いていました

 

視診・触診・打診・聴診

お互いの身体を使った診察を順次練習!

f:id:minamiedu2016:20170525141458p:plain

どの診察も受講者の皆さんと指導者のほほえましい姿がみられましたヽ(´▽`)/

 

打診でうまく音がでないときには壁打ち特訓指令がでます

f:id:minamiedu2016:20170525141754p:plain

ひたすら壁をトントンする姿 (・_・;) 

『看護職』ではない感じ(大工さんみたい)

 

最後に例年行っている呼吸異常音のグループ対抗聞き取りテストを実施

 

新企画としてシムパッドを使って

呼吸異常音の聞き取り実力テストを導入しました

f:id:minamiedu2016:20170525142235p:plain

受講生のみんな、ほぼ聞き取り、肺雑音の聞きわけが出来ていました(。◠‿◠。) 

 

無事に研修を終えることができほっとしました

 

私は外来勤務ですので、新人看護師の教育は4月のオリエンテ-ションの時と今回のような研修担当のときだけです。

自分の勉強にもなり、

初心に返って新鮮な気持ちになれます(・_・;) 

 

受講生のみなさんが研修で学んだ事を活用し、

患者さんの小さな変化に気付ける

看護師に育ってほしいと願っています。

 

ご協力いただいたS先生、H主任、実地指導者の皆さんに感謝!

ありがとうございましたヽ(´▽`)/

看護学校1年生の質問に答えちゃいます! 微生物学編(4) “感染経路”はすごく大事だよ!

授業が5回おわりました (^▽^)/

今回は36人からアンケート回答

(例年より回答率が高いねぇ)

 

相変わらず締め切りギリギリで勝負する奴らが多いぜ ^_^;

f:id:minamiedu2016:20170522162545p:plain

恐るべし! LINE連絡網!

 

授業でも言ったように 時間厳守 は 社会人の基本

学生のうちからプロ意識をしっかり身につけていこうね (^▽^)/

 

アンケートからコメントを引用

講義の3分の1が終わってしまい、悲しいような嬉しいような........
残りの講義も頑張って受けて勉強したいです!

 

がんばってね!

 

授業テーマは感染にかかわる諸定義(潜伏感染、伝染など)と 

感染経路

 

感染経路は看護の現場

プロとして理解しておかなければいけない最重要項目のひとつ

国家試験でも重要な出題項目!!

しっかり伝えたいメッセージを受けとっていただけたみたい!

話を聞いて今まであまり電車とかで相当ひどい咳やくしゃみ以外あまり気にしなかったんですが、授業を受けてからちょっとの咳やくしゃみでも意識してしまうようになりました。
電車のつり革や棒なども今まで普通に触っていたけれど咳やくしゃみを抑えた手でつり革を持ってる人を見ればちょっとつり革も持てなくなりました。

 

つり革からの感染は『接触感染』

対策の基本は『手洗い』だよ!

 

飛沫感染を学んで、人前でくしゃみするのを我慢したり、

くしゃみや咳をしている人がいたら1mちゃんと離れることを気をつけます。

 

自分が咳をしているときに大事なのは

『咳エチケット』

マスクを着用して、周りの人への気遣いを忘れずに(^_^;)

 

さてブログ回答希望の 質問を3つ いただきました(^▽^)/

ありがとう!

疑問をもつことは進歩の第一歩!

 

質問

Q1. 先日、アフリカのリベリアで原因不明の病気で13人死亡したニュースでエボラでもなく新種の原因不明の病気とされていて、WHOが調査に乗り出し、本日の朝のニュースで髄膜炎菌が検出されたと見ましたが。髄膜炎菌に感染するとどのような症状のもとに死に至るのですか?髄膜炎菌は飛沫感染で感染するらしいですが。主に、髄膜炎菌が原因だとするとアフリカのこの地域だと何からこの菌に感染した可能性があるのですか?

 

A1. 髄膜炎(ずいまくえん)!

脳の周りの『髄膜』に細菌やウイルスが感染して生じる感染症のことです

頭痛、高熱から死に至ることもある怖い病気です

特に髄膜炎菌(ずいまくえんきん)は怖いよ! 

 

www.forth.go.jp

 

髄膜炎菌はアフリカ中央部の髄膜炎ベルトといわれる地域で多発

リベリア以外でも患者の多発が報道されています!

www.cnn.co.jp

 

日本でも宮崎県の高校の寮で集団感染した報道もありました(2011年

高校男子寮における髄膜炎菌感染症の集団発生時に経験した劇症型敗血症の1死亡例

(死亡した患者さんの経過が詳しく報告)

http://www.niid.go.jp/niid/images/idsc/kikikanri/H24/20121017-08.pdf

(全体像がわかるよ)

 各論の授業で詳しくお伝えしますね

 

Q2. MRSA・MRSE・MDRPの感染症は、一度感染したら、また感染する可能性は、
高くなるのですか?上記の感染症でそれぞれ感染した場合、厄介なのはどの感染症ですか?

 

A2. 薬剤耐性菌の問題は深刻な医療課題!

薬剤耐性:AMR (Antimicrobial resistance)

昨年5月の伊勢志摩サミットでG7で議題に取り上げられ全世界の課題!

www.gov-online.go.jp

繰り返し感染するの? 

耐性菌が住み着いている可能性の高い『院内』では適切な感染源のコントロールを行わないと集団発生(アウトブレイク)の危険性があります

 

一度感染してまた感染するリスクは上記のコントロールが不十分な場合には起こりえます!

 

MRSA:メチシリン耐性黄色ブドウ球菌

MRSE:メチシリン耐性表皮ブドウ球菌

MDRP:多剤耐性緑膿菌

ご質問の3つの耐性菌の中では、やはり緑膿菌(りょくのうきん)が耐性化したMDRPが一番厄介だと思います!

 

Q3. 私は、おたふく風邪になっていないと思っていたのですが、先日の抗体検査で抗体を持っているとわかりました。病院の先生には不顕性感染だといわれたのですが、しんどかった記憶もないし、本当に感染していたのか不安です。また、キャリア(保菌)状態であるということはヘルペスのようにいつ発症するかわからないリスクがあるのでしょうか。ブログでなくても個人的に教えてほしいです、お願いします。

 

A3. 潜伏感染するウイルスの代表例はヘルペス

単純ヘルペス(口唇ヘルペス&性器ヘルペス帯状疱疹など身近な病気の原因です。

神経細胞などに終生感染し続けます!

ご質問の『おたふくかぜ』流行性耳下腺炎(ムンプス)ウイルスが原因

感染しても30%の患者で症状のない不顕性感染(ふけんせいかんせん) 

教科書p325をみてね!

ヘルペスウイルスと違って体の中にウイルスは残っていません!

検査で抗体ができている場合には、ムンプスウイルスに対して免疫記憶がある!

 

新たにムンプスウイルスが体にはいってもすみやかに抗体を増産

ウイルスは撃退されますので安心してください!

 

研修医!中心静脈カテーテル(CVC)挿入に挑戦!

研修医の先生方が現場デビューから1か月

 

日々現場でいろいろな経験を積み、ちょっとたくましくなった気がします。

 

本日、シミュレーターを使った

中心静脈カテーテル挿入の実技研修を企画

f:id:minamiedu2016:20170520134706j:plain

 

昨年はN先生が振り返ってくれたなぁ!

もう1年たったんだねぇ!

光陰矢の如し

 

もちろんワークショップ形式

講義はしません!

質問はwelcome !

ファシリテーターに徹しました!

 

まずは器具の使用方法を3人で討論

f:id:minamiedu2016:20170520135039j:plain

みていると、へぇー、こんな使い方しちゃうんだ!

ユニークな意見が続出!

 

お互いに意見をだしあって、コツをつかんだみたい!

 

つぎはお互いの体で穿刺部位を確認

にぎやかに、穿刺する具体的イメージをGET!

 

最後にガウン、手袋など防護具を着用しての本穿刺にトライ

3人とも基本操作をまずまずスムースにこなして無事終了しました!

あっという間の3時間

おつかれさま!

 

研修医を代表して”Rinちゃん"がさっそく振り返ってくれました!

 

以下Rinちゃんの振り返りです

 

こんにちは!研修医のRです。

今回の研修のテーマ!

中心静脈カテーテル(CVカテ)を入れてみよう! 

 

医者として必要な手技です(;´∀`)

こういう研修をやると医者になった実感が(遅いかもしれませんが)

 

さっそく研修の様子を書いていきますね!

まずは研修医三人でどのようにいれるか考えてみてとS先生からのお達しが!

 

私はほかの研修医と違う出身大学です

学生時代にCVカテの実習がなく、二人とは一歩、二歩遅れていました。

2人の研修医が先導してくれて議論が深まりました(*’▽’)

 

頸静脈にどういれるのか?

頸動脈の拍動を確認し、すぐ横を伴走している頸静脈に45°の角度で針を挿入!

同側の乳頭をめざします!

そこで研修医どうしでまずは確認しよう

となったのです!

 

”おれ、首触られるとよわいねん”

”おまえ、乳首、外側すぎるぞ”

”ほんまに、そこか?”

f:id:minamiedu2016:20170520141459j:plain

男の研修医しかいないのでそのような会話も(笑)

体を極めたあと

いよいよ、シミュレーターを使ってCVカテ

を入れてみよう、最終段階!

 

まずは術者、評価者、助手の順番を決め、交代でトライしました。

 

自分以外の2人の研修医はスムーズにこなしていました!

いやーすごかったです(*’▽’)

 

自分もぎこちない所も目立ちましたが

なんとかいれることに成功しました(^^)/

f:id:minamiedu2016:20170520141555j:plain

 

手技の最後に、振り返りを実施!

2人からとS先生からアドバイスをいただきました

ためになりました

次にはよりスムーズにいれるよう頑張りたいです!

 

Rinちゃん、振り返りありがとう!

みんな!

本番では安全第一、CVCをしっかり挿入してくださいね。

 

 

 

看護学校1年生の質問に答えちゃいます! 微生物学編(3) ”ぷらすしど”の謎

前回4回目の講義シーンを再現(^O^)!

f:id:minamiedu2016:20170516085528j:plain

わたし(以下 わ) ”前回の授業で細菌の遺伝子にはほんまもんと、もうひとつなんかあったね? なんだったかな? じゃあSさん!

学生(以下 S) ”はい、えーっと、。。。。。ぷらすしど ” (・_・;)

     (前回のプリントをちら見しながら 小さな声

わ ”ん?ちょっと聞こえへんよ。もういちど大きな声で言ってみて!

S ”ぷらすしど!

わ ”ぷ、ぷらすしど (°□°;)?

S ”(沈黙)

わ ”なんや、似てるけど、ちょっとちゃうなぁ

Sさんは一生懸命プリントの書き込みをみつめます!

わ ”正解は ぷらすみど 

隣の席のOさんがSさんのプリントを覗き込み、ガッテン!

(プリントを指さして)

O ”これ   とちゃうで!  やで  ” (; ̄Д ̄)

 

自分で記入したカタカナの判別が難しかったみたいです!

 

プラスミド!

染色体DNAとは別に菌体内に存在する小さな環状のDNA

細菌のもつすごい能力!

 

薬剤耐性の遺伝情報を相互に受け渡すなど

厄介なしろもの

 

でも遺伝子工学でも活用 (。◠‿◠。)

遺伝子DNAを細胞から取り出し、人工的な操作を加えたり、それを利用して遺伝子産物(タンパク質)を細胞につくらせる技術

 

大腸菌も大活躍だよ!

興味のある人は以下のリンクをどうぞ!

道具としての大腸菌

遺伝子組み換えの基礎知識 | サルでもわかる遺伝子組み換え

遺伝子工学の技術

 

さて4回目の授業アンケートは提出数26

ちょっと少なかったねぇ(-_-;)

 

ブログでの回答希望の質問を2ついただきました

Q1. 結核という病気は、西成区が日本一感染者が多いと聞きました。
結核は、どういう感染ルートで感染するのですか?
もし、結核に感染した場合、どんな治療法をするのですか?抗生物質などの投薬治療で治ると聞いたことがあるのですが、症状が重症な場合、入院して隔離させられるのですか?

 

A 質問ありがとう!

ご指摘のとおり結核西成区、中でもあいりん地区に多発

貧困、高齢HIV などと感染地域が関連!

 

感染ルートは飛沫核(ひまつかく)感染

(次回の講義で詳しく取り上げます)

抗生物質服用もなんと半年から1年の長丁場になります。

しかも4種類の同時服用から開始!

 

喀痰塗抹陽性肺結核

(患者の痰から多量の結核菌が排出されている結核

周囲の人達への感染源となるため、

喀痰を染色して菌が検出されれば

結核専門病床のある病院への入院が法的に求められます!

看護師国家試験にもよく出題されるポイントです(^_^;)

微生物学の後半各論部分でも詳しく解説しますね!

 

Q2 症例に出てきたAさんの話なんですけど歯医者の先生からもらった薬であのような後遺症が出ることは防げなかったのですか?産婦人科に行って薬をもらってそれで治ったとしても、医療ミスじゃないですけど、歯医者側は間違った治療をしたことにはならないのかなって少し思いました。

 

A. 質問ありがとう。

ポイントは次の3点

常在細菌叢(じょうざいさいきんそう)

広域抗生物質

菌交代現象

 

歯科治療のときに歯科医師抗生物質を処方する!

ミスでもなんでもありません!

 

ただし思い出してほしいのは口腔内の常在細菌の顔ぶれ!

連鎖球菌(れんさきゅうきん)や口腔内嫌気性菌などの常在菌だよ!

古くからあるペニシリンなどの抗生物質が効果あり!

ペニシリンは攻撃できる細菌の範囲が狭い(切れ味はいい)特徴があります

 

ところがニューキノロンはとても広い範囲の細菌に効果があります。

(例:レボフロキサシン)

 

ターゲットの口腔内以外にも消化管、泌尿器、生殖器など全身に作用します

『何でも効果がある』

安易に処方しちゃうとあちこちの常在細菌叢に大きく影響!

やっつける必要がない腸内細菌まで死滅するとひどい下痢が続きます

 

授業でお示ししたように

膣内の乳酸桿菌(かんきん)が死滅するとカンジダの一人勝ち状態

外陰膣カンジダ症が発症!

膣内のカンジダニューキノロンでは死滅しません(カビには効果なし)

 

菌交代現象おそるべし!

 

広域に作用する抗生物質

常在菌の棲み分けを大きく乱します!

不必要な服用は避けましょう(°□°;)

 

 

 

 

 

 

外ポリ(そとぽり)医学生、奮闘中! その2 雑談力も大事だよ

市大6年生の外ポリ(そとぽり)

早くも全体スケジュールの3分の2を消化

 

2人とも熱心にがんばってます (。◠‿◠。)

外来や病棟で患者さんの診察や治療の現場に参加

 

学生さんにとって緊張感のある毎日(・_・;)

 

Nさんが総合内科外来で体験したシーンを紹介します

 

患者さん(以下 か) ”うちは材木の商売、してまんねん

わたし(以下 わ) ”すごいですね!もうかってるんでしょう?

か ”あきまへん。もう、はよ店しめたいですわ

わ ”材木販売って、紀伊国屋文左衛門みたいなもんですよね?

か ”そんな、すごいもんちゃいますわ

Nさん ”??” 

f:id:minamiedu2016:20170502092219p:plain

(Nさんのほうをふりかえってみました)

わ ”え、紀伊国屋文左衛門のこと知らんの?

Nさん ”はい” (ちょっと恥ずかしそう)

か ” みかん も売ってたんやで!”(ちょっとドヤ顔

Nさん ”へぇー”

わ ”紀伊國屋書店は知ってる?

Nさん ”はい”

わ ”その流れをくんでるねん!

Nさん ”へえー”

 

雑談を通じて患者さんとの距離がとても近くなった

と感じた一瞬でした!

雑談力もみがこうね!

 

でもこの場を借りて懺悔(ざんげ)しちゃいます!

Nさん! 

紀伊国屋書店紀伊国屋文左衛門とは無関係でした

紀伊国屋文左衛門と紀文と紀伊國屋書店とKINOKUNIYAは全て無関... - Yahoo!知恵袋

すみません!

適当なことを言ってごめんなさい!

 

彼女たちの前にたちはだかる試練!

来年2月の 医師国家試験 (°□°;) 

 

空き時間には2人とも研修医室の机に向かってます(-_-;)

実習で学んだことを振り返りながら、

各自課題にしている領域の試験勉強にチャレンジ!

がんばってください (^O^)!

f:id:minamiedu2016:20170512152338j:plain

 残りの3分の1期間の実習にむけてのそれぞれの抱負を伺いました!

Tさん:循環器の勉強を終わらせて区切りをつけます (; ̄Д ̄)

f:id:minamiedu2016:20170502092240p:plain

Nさん:総合内科外来で、診察にトライしているとき、指導医へ『助け』を求める顔をしないようにがんばります (*_*)

f:id:minamiedu2016:20170502092219p:plain

 

残りの実習、がんばってね!

 

疲れた時、とても癒されるYou tubeビデオを紹介します!

(去年、動物占いをしてくれたN研修医、K研修医もかわいいと絶賛)

 

人間も眠気を抱えながら仕事をしなければならないときがありますよね?

ミーアキャットも同じ!

 

野生のミーアキャットは群れを外敵から守るためしっかり偵察

体をピンとたててまわりを見回してます

本能ってすごいヽ(´▽`)/

 

眠くなっててもがんばって姿勢を保とうと努力する姿が心をうちます

www.youtube.com

 疲れた時にみんなも癒されてください!

 

実習の最後にお二人から振り返りをいただく予定です

お楽しみに (。◠‿◠。)

 

 

 

 

 

 

 

 

看護学校1年生の質問に答えちゃいます! 微生物学編(2)  芽胞(がほう)に注意! 怖いぞ乳児ボツリヌス症!

微生物学の授業、3回終了

 

授業後のアンケートを分析してみました(^_^;)

(火曜日に授業、アンケート締め切りは金曜日24時)

 

今回の受講人数 41名

アンケート回答 38名

今年の学生は結構回答率が高いよ!

 

 アンケート提出時期をみると

すごい (°□°;)

 

なんと金曜日の23時以降のかけこみ回答8名 + 締め切り後の回答1名

みんなの粘り腰に脱帽

横綱 稀勢の里 を彷彿とさせる土俵際の粘り腰だねぇ(・_・;)

f:id:minamiedu2016:20170508140401p:plain

(横軸は提出した人数、縦軸は提出時間)

でもよく考えてみると5月3日から5日はゴールデンウイークの祝日(~_~;)

みんながこんな時間祝祭日の深夜)にスマホに向かって

アンケート入力している姿

想像してちょっと複雑な心境になりました!

 

ちなみに前回のアンケート 33名 が回答!

f:id:minamiedu2016:20170508141433p:plain

比較的コンスタントな入力ぶりでした!

 

合格ラインをギリギリ突破しようと考えているあなた

締め切り前に余裕をもってアンケート出そうね!

 

めざせ!

再試受験料2000円節約!

 

さて今回もブログへの質問、要望をいただきました!

Q. 乳児が蜂蜜を食べて死亡した話をブログにして欲しいです。母子手帳にも書いてるにも関わらず何故そういうことが起きてしまうのか?
もう少し詳しく知りたいです。

 

A. 質問ありがとう!

新聞報道でご存知の人も多いと思います。

離乳食としてジュース+蜂蜜を摂取した赤ちゃんが

乳児ボツリヌス症で死亡

mainichi.jp

キーワードは

芽胞(がほう)!!

細菌が発育環境の悪化時に、生存するため『植物の種』のような、厚い膜につつまれた状態になり休眠中(乾燥、熱、薬品に強いよ)

水分がある場所で栄養型細菌として増殖再開!

 

 乳児ボツリヌス症 1歳未満の乳児にみられるボツリヌス症

 医学的な解説は以下のHPに簡潔にまとめられていますので是非一読を!

食中毒を起こす微生物 ボツリヌス菌|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

 

 上記HPおよび教科書(系統看護学講座 微生物学:医学書院)からポイントをまとめてみますね!

ボツリヌス菌は土壌内に生息

・ボツリヌス毒素(神経細胞に取り込まれ筋肉を弛緩)を産生!

 ・蜂蜜には自然界に存在するボツリヌス菌の芽胞が混入することがあります。

 ・乳児では腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)は成人と比べて未発達また消化酵素の分泌も低い

乳児がボツリヌス菌の芽胞を摂取すると腸管内で菌が増殖し、 産生された毒素が吸収されて発症することがある。

 ・1987年10月厚生省(当時)が 1歳未満の乳児には蜂蜜を与えないよう通知母子手帳に注意事項が記載)その後、蜂蜜を原因とする事例は減少しました。

 

育児の際、注意してね (*_*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事100達成記念! ”えぽっく” こぼれ話 vs めざせ縫合の達人!(2)

ブログネタ パターン2

研修、学習の振り返りを伝えること!

こちらは伝えたいことの本命!

 

外科研修中の山Pに声をかけてみました

『先日の縫合トレーニングを振り返ってなんか書いて!』

 

毎日手術で忙しいのにすばやく原稿を書き上げてくれました(^_^;)

ありがとう!

以下山Pの振り返りです。

 

こんにちは

南大阪病院研修医のYです。

 

 R先生、H先生に続いてブログに書かせていただきます。

 

さて今回の内容は

「創傷治癒と皮膚縫合の講義+結紮・糸結びの実習」

 

……難しそう (^_^;)

今回は専門の外科のT先生がお忙しい中、直々教えてくださいました!

 

まずは

傷がどうやって治っていくのか?

しっかり教えていただきました (*_*)

 

f:id:minamiedu2016:20170506103536j:plain

忘れていることだらけでしたね…(~_~;)

 

気を取り直して結紮の実習です!

外科から研修が始まった僕にとってすぐに必要な手技

 

 

気合をいれて臨みました(^O^)!

 

f:id:minamiedu2016:20170506104132p:plain

 

これがなかなか難しい…

糸が緩まないように結ばなければならないのに

 

なかなかうまくいきません(°□°;)

 

T先生は説明しながらさりげなく結紮

f:id:minamiedu2016:20170506104523j:plain

『なんでもないようにみえる』さりげなさ!

さすがでした(*_*)

 

外科手技の難しさを改めて感じました!

 

これからも毎月、手技を教えてくださるということで

「早くできるようにならないと!」

 と身の引き締まる思いの研修医一同でした。

 

うれしいことに縫合用の練習セットを

一人ずついただきました (。◠‿◠。) 

 

手術のときに特訓の成果を発揮できるよう

 これでしっかり練習します!

 

おしまい

 

 

残りの2人からもコメントを頂きました!

Rinちゃん 

早く、うまく、縫合できるよう善処します

世界の”HONDA" 

基本的な練習をおろそかにせず、積み重ねることが大事だと改めて実感しました!

 

話題を提供してくださった

研修医の先生、看護部スタッフ、看護学生、その他の方々

ありがとうございました!

 

これからもコツコツとブログ更新に

トライしてまいります(*_*)