読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『きんしょう』 いただきました!(3)

よもやま話

(前回の続きです)

運命の 2月3日 がやってきました  (^O^)! 

 

まずは表彰状と”きんいっぷう”を披露します!

f:id:minamiedu2016:20170206144250p:plain

なんてカラフルな表彰状 (^_^;)

きっと製作者はヒョウ柄のコートを愛用しているにちがいないぜ!

 

 

簡単に振り返りますね

8時10分すぎに研修医の先生方との医学英語勉強会、終了!

急ぎの雑用をすませてから多目的ホールに向かいました。

 

ドアを開けると!

うわぁ、なんや、これ!

職員であふれかえっています!

 

院長先生が手短に挨拶!

f:id:minamiedu2016:20170203165810p:plain

すかさず標語コンクールの表彰式がはじまりました(*_*)

 

進行役はいつも宴会で

”ヒュー!ヒュー!”

と盛り上げてくださるU田師長さん!

にぎやかな進行に期待が高まります!

 

おや、いつもとちゃうぞ!

トレードマークの元気なかけ声を封印 (-_-;)

粛々と “借りてきたネコ” のように真面目モード!

(さすがにTPOをわきまえた大人の対応でした)

 

さて2016年(平成28年)医療安全標語コンクール 

総計1513票の投票をいただいたそうです!

 

それでは患者・面会者様用作品の紹介、いってみましょう!

職員484票 患者・面会者様541票 計1025票で決定! 

  

院長賞(リハビリテーション科)

『できるはず 気持ちと体は ズレがある』

 

金賞(栄養科:68票)

『おかしいな 感じたその時 すぐ受診』  

 

銀賞(臨床工学科:62票)

『してあげる させて頂く おもいの差』 

 

さすがどの作品もきっちりと 5-7-5 で決めてますねぇ!

 

職員部門の紹介いっちゃおう! 

職員488票の投票結果だよ!

 

院長賞(7階病棟)

『ちょっと待て 思い込みは 事故のもと』 

 

金賞(診療部:41票)

『“まあいいか”  悪魔のささやき 事故のもと』

清き一票、ありがとうございました!

f:id:minamiedu2016:20170203165832p:plain

 

 銀賞(医事課:29票)

『ダブルチェック 見ればいいってもんじゃない』 

 

医事課は5-7-5を崩した変則作品で見事受賞!

ひょっとしたら ”ラップ”の達人 かな?

 

ふと医療安全M主任から送っていただいた受賞写真(上)を見返してみると?

おやっ?

なんかひっかかるぞ!

 

うわぁ!

プレゼンターのN副院長の方がわたしより深々と頭を下げておられます

 

大先輩が、より深々と一礼!

 

わたしが表彰状を渡しているようにもみえるし (^_^;)

 

逆やないか!

 これはまずいぞ!

 

ここで 5-7-5 が頭をよぎりました (・_・;)

実ほど(みのるほど)頭(こうべ)を垂れる 稲穂(いなほ)かな

 

偉大な大先輩のように謙虚なふるまいができるよう精進してまいります!

反省 (~_~;)

 

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました!