読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

院外心停止からみごと社会復帰!ママさん看護師大活躍! (4)

いよいよ最終パートに突入! 

想定を超える傷病者の激しい体動にチームワークでのりきったママさんチーム! 

振り返り完結編です!

 

現場に到着した救急隊員さんに今までの経過を報告しました(^_^;)

「あとはよろしくお願いします」

この時の安堵感は、何とも言えませんでした!

汗かいて、のどはカラカラ、もう体力を使い果たした感じ!

 

みんなで顔を見合せ「よかったなぁ」と心から思いました。

お疲れ様でした!!!

 

ぐったりしました…。

長女と再会した際

「お疲れ~。お母さん、すごかった!かっこよかった!」

と言ってくれて、すごくうれしかった!

 

おっちゃんが倒れた瞬間を目撃した長女は、私たち救助班の行動の一部始終を見ていました。

 思わず手を合わせて祈り、なぜか勝手に涙が流れてきたそうです!

突然目の前で人命救助が始まったら、びっくりして当たり前。

 

あまりにも強すぎる衝撃!

「テレビの世界やった」

生後3か月の赤ちゃんを抱っこひもで抱えた長女の

勇気ある第一声こそがファインプレーだったのかな?

 

帰宅後も幾度となくあの光景が鮮明に浮かび、いろいろなことを考えました!

アドレナリンが出ている状態が続き、その日はあまり眠れませんでした(~_~;)

 

翌日救急隊から連絡をいただきました!

○○さんは、意識レベルもバイタルも安定したまま△△病院に搬送後、急性心筋梗塞と診断され、同日カテーテル治療ではなく冠状動脈バイパス手術を受けたそうです。このまま社会復帰できる確率が高いのではないかと教えていただきました!

 

鳥肌が立ちました!

すごくうれしかった (^^)/

 

11月7日、住之江消防署から一人ずつ感謝状をいただきました!

表彰式の際に、○○さんは術後11日目に自宅へ軽快退院されたと聞きました。

本当にうれしかった。

15時13分 119通報

15時18分 救急隊現場到着

通報から5分で救急隊は到着したことを知り、15時15分のAEDによる電気ショック実施はとても早かったと改めて思った。

奇跡的な偶然が重なり、ひとりの命を救うことができ、ほんとによかった!

 

そして、この日はなんと○歳の私の誕生日でした!! 

人命救助の記念すべき バースデイ!!

人が倒れて意識なく人命救助が必要な場面に遭遇するなんて、人生の中でそうそうあることではない。そんな貴重な経験ができて、とてもよかった!

それに、同じ職場で顔を知っている看護師が集まった救助活動は本当に心強く、ひとりでは、あんなに動けなかったと痛感!

 

後日、病院長から院長賞($)をいただきました (。◠‿◠。)

f:id:minamiedu2016:20161122095755p:plain

 

あの奇跡的な救助活動

おっちゃんが倒れてから救急車到着までは時間にして7分以内の出来事!

 

倒れた瞬間を長女が見てたこと!

倒れた場所が学校でAEDがあったこと!

偶然、南大阪病院の看護師が4人も近くにいたこと!

学校の先生たちも毎年AEDの講習を受けておられたこと!

学校職員やPTAの方々も協力して、救助活動しやすい環境を作ってくださったこと!

最高のチームワークの救助班でした。

 

おっちゃんの運がよかったんや!! 

 これしかない。

 

 倒れてからの180秒が患者の予後を左右すること。

心停止から1分経過するごと、救命率が10%下がること。

それを痛感した数分間の出来事でした!

 

Nさん

お誕生日に遭遇したすごいエピソードをご披露いただきありがとうございました!