読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人工呼吸器研修がんばるぞ(2)(看護師研修)

(前回の話の続きです)

実はシナリオのデモについてはみっちりと秘密特訓が!

 

救急外来H主任:今年度の司令塔

循環器病棟Ha主任:シミュレーター操作の影のボス大阪弁を駆使した”患者家族”役もすごいぜ!

カテ室Ho主任:デモ隊長

内視鏡室I 主任:バッグバルブマスク担当

地域包括ケア病棟T主任:人工呼吸器の異常点検係

 

2か月前に行ったキックオフミーティングで全体の進行を検討開始!

 

忙しい日常業務の合間に、事前の練習をこなしてきました

当日も、練習の成果がしっかりとでていました!

 

Ha主任の患者家族が助けを呼ぶシーンからスタート

”大阪のおばちゃん”家族役は実にリアル!!

 

”押しが強いぜ”(^_^;) 

f:id:minamiedu2016:20160903091841p:plain

ちなみに見てもらいたいポイントはビデオで撮影してスクリーンに同時中継!

臨床工学科の若手がカメラマンをがんばってくれました

(上の写真の後ろのスクリーンでアップ画像が示されます)

 

受講生も思わず”ビクッと”してデモに引き付けられます!

f:id:minamiedu2016:20160903093647p:plain

(デモを食い入るように見つめる受講生たち)

 

Ho主任、I主任、T主任もすかさず登場!

前回ブログに記載したデモが繰り広げられました!

デモの目的は無事達成 (^O^)!

 

おやっ!なんかちょっとした違和感あり

 

なんだと思われますか?

 

そうです。

シナリオが”標準語”だったんです (; ̄Д ̄)

 

Ha主任以外は、標準語をしゃべっていたため微妙な違和感が(-_-;) 

 

普段のみんなの”持ち味”を十分発揮するためには?

 

次回は”大阪弁”で元気にやってみよう!

ハードルを上げておきました (。◠‿◠。)

 

来週9月5日月曜日は3回目、本年度最終回!

 

デモ隊の”はっちゃけぶり”が楽しみです!

 

(続きます)