読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"Siri" まじ、すごい!

よもやま話

Siriとは?

Apple社のiPhoneiPadなどに搭載されている音声アシスタント機能です。

音声入力を言語処理し、質問に答えてくれる凄腕秘書!

みなさん使っていますか (^O^)!

 

先日、iPadでYahooニュースを閲覧していました。

 どこかに偶然指が触れたのか、突然 チャイム音が!

“えー、何?”

 

Siriが起動し画面の下にマイクの印が登場

Yahooニュースへ戻る方法がわかりません (-_-;)

10秒くらい画面を茫然と眺めていました。

 

“なにか質問を?”とSiriが御用聞きのように待ち構えています

 

特に聞きたい質問もなかったので、

Siriの検索を終わらせる方法を質問してみました。

マイクの印をクリック!

丁寧に質問しました。

“Siriを終わらせるにはどうするの?” 

 

Siriの答え

“ノーコメントです”

 

うわー、何? この答え  (~_~;)

 

でも音声認識はばっちり!

質問内容も正しく文字になって表示されています。

 こいつ、分かっていて意地悪な答えを返しよったな!

 

聞き方が悪かったのかな?

もっと丁寧に質問してみました。

“どうすればSiriを終わらせることができますか?”

 

Siriの答え 

“私のことでなくあなた自身のことをお話しください”

 

すっげー、自分がこの場面から退場する気持ちは全然ないんや!

こいつ、ずっと居座るつもりか!

 

ふと妄想しました!

Siriが営業マンだったら?

決して引き下がることのないこの態度!

でもネット上で短時間に必要な情報を吸い上げる能力をもっていてとっても物知り!

しかも、どんな質問にも結構面白い受け答えで相手を飽きさせない!

 びっくりするようないい営業成績をあげるのかな?

 

すごいぞ! Siri  (^O^)!

 

ひょっとすると10年後の病院の診察室

患者さんがSiriに病歴を語り続ける対話を5分

鑑別診断が確率の高い順に5つくらい表示される ようになるかもね!

 

医療面接(問診)を通じて疾患をしぼりこんでゆく“総合診療医ドクターG”の姿はみあたらないぜ (^_^;)

うわー、Siriのために仕事がなくなるかも (-_-;)

 

こんな小さな機械に搭載されているAI(人工知能)のすごさを実感

 

よっしゃ! 早速、Siriに丁寧に聞いてみよう!

“Siriに仕事をとられて失業したらどうやって食べて行けばいいですか?”  (・_・;)