読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安全な中心静脈穿刺をめざして 第一歩!

研修医

医療を扱ったドラマがしばしば放映されています

 やはりTV映りのいいのは、救命センターで救命医療の限界に挑戦する医師や難しい手術をこなしてゆく”スーパードクター“かな?

 “私、失敗しないんで!”   !(^O^)

 すっげー、『ドクターX  大門未知子』! 

 

一度 神を恐れずに後輩たちに言ってみたいものだねぇ。

でも実際は“To err is human!” 

人はミスをするもの”が医療安全対策の前提です!

 

多くの初期研修医が身につけたい手技の2つの双璧!

気管挿管

中心静脈穿刺

 

実際現場を経験してより重要だと気づく、

派手さはないが実践的な“いぶし銀のラインアップ”は バッグマスク換気かな?

(麻酔科で救急手技を習得中のN先生も、気管挿管、バッグマスク換気を指導医の先生から教わりました!ありがとうございます。)

 

さて中心静脈(CV)は頚部や鎖骨の下などを走る太い静脈のこと!

周囲に肺や太い動脈など重要な構造物があります。

 

治療に必要な管(カテーテル)を中心静脈に挿入することは危険を伴いますが、患者さんにとって大事な処置です。

安全にCVC(中心静脈カテーテル)挿入ができるようになるため、

まずは

シミュレーターを用いて手順をしっかり身につけよう!と

5月のとある日、研修医の先生方は、ガウンなど身につけ実践さながらの状況で、CVCを挿入する講習会に参加しました

 

N先生がその模様を振り返ってくれました。

 

(以下  N先生のお話です)

いよいよ楽しみにしていたCVC挿入実習です。

学生時代にも同じような実習を受けました。

あの時は、緊張しながらも、無事クリアーできたなぁ。

今回もS(指導医)が大好きなWS(ワークショップ)形式!

 

医師免許を手にした今となっては心持ちが全く違います

期待・緊張・不安…いろいろな思いが沸き起こります(ドキドキ)。

自分では運動神経はまあまあだと思っていました。

でも新入生歓迎会ダンス練習のとき、ダンス名人の同期の看護師さんたちに

先生、運動は苦手なんですよね!”(きっぱり)

と指摘されて、ちょっと心が痛みました  (; ̄Д ̄)

CVC挿入 がんばるぞ!

 

まずは先輩の先生が実施しているビデオをみました。

 

次に研修医5人で器具の使い方、手順を確認!

キットの中には、細い針、太い針、ガイドワイヤー(端がJ字型で柔らかい80㎝くらいの針金)、太く長いカテーテルなどなどたくさんの物品が詰め込まれています。

患者さんを目の前に、手際よく順番につかってゆけるのかな?

 

器具の使い方を、ああでもない、こうでもないと研修医同志でワイワイ議論しているとあっという間に40分が経過!

 

暴れん坊の“ガイドワイヤー”の扱いが難しそう!

油断すると“清潔野”の外に飛び出しちゃいます。

S(指導医)から、片手で巻き取り収納するコツをアドバイスされ

みんな、交代で巻き取りに挑戦しました!

おおー” “なるほど” みんな巻き取り名人になりました。

これでイメージトレーニングはバッチリだわ! !(^O^)

 

別室でお互いの首を差し出して、穿刺部位を確認しました

動脈を指で触れてその横を狙って針を刺す!

実際首を触られたらすごく緊張しました

患者さんはもっと不安になるだろうな

 

“あれ、動脈を触れるけど、ここでいいのかな?” 

皆が頸動脈を触れながら “なるほど” とうなずいている横で、私は自信がもてませんでした。

もっと繊細に首の筋肉の間に指を潜り込ませてみて一応納得!

 

感染制御室のY主任が、ガウンやカテーテルキットをもって入室されました。

 

じゃんけんで医師・介助者・患者(声のみ)・評価者とそれぞれの役目を決定!

私の順番は、最終の5番目でした。

ラッキー!!

 

でも“ もし自分だけ挿入できなければどうしよう…

というプレッシャーが!  心が乱れます。

 

 “(トップバッターは大変ね!)” 

W先生は黙々と取り組み、無事CVC挿入完了!

終わった後の ほっとした笑顔がうらやましい

続いて安定感のあるH先生、はつらつとしたA先生、堂々としたK先生!

順番が来るまで4人がシミュレーターで実践するのを必死で見学しました。

 

シミュレーターといえどもイメージトレーニングと実践は異なります。

みんなの緊張感がひしひしと伝わってきました

いよいよ私の番!

わかってはいたものの最後というプレッシャーはすごい!

背中にいやな汗!

みんながアドバイスしてもらったことを思い出しながら一歩ずつ進めよう!

 

暴れん坊のガイドワイヤーも無事収納完了!

やった!” 

 

何とか最後まで到達しましたがかなりの時間がかかってしまいました (`・ー・´)

 

感染制御部のY主任から感染を防ぐための貴重なアドバイスをいただき、実習終了!

自分の未熟さを改めて実感しました 

もっと練習・学習を頑張らなくては!ヽ(*^^*)ノ

 

…その数日後、上級医の先生のCV挿入を見学する機会が……

 その素早さに愕然しました!

あんなに私達が必死になっていたのに一瞬でした!!

 

恐れ多いことですが、いつかスムースにCVCを挿入できたあと

心の中で(“私、失敗しないんで”)と こっそりつぶやいてみたいです

その日をめざして日々精進してまいります。!(^O^)